映像・テレビ・映画業界
最新情報・コラム

2024.6.07
ラジオパーソナリティ

ラジオパーソナリティとは?仕事内容やなり方について徹底解説!

ラジオパーソナリティとは?

ラジオパーソナリティとは、ラジオ番組を進行し、リスナーに情報を伝えたり、エンターテイメントを提供したりする人のことを指します。言葉が主なツールであり、自身の声とトーク力で情報を伝達します。

今回はラジオパーソナリティを目指す方に向けて詳しく解説していきたいと思います。

1. ラジオパーソナリティの仕事内容

ラジオパーソナリティ、あるいはDJ(ディスクジョッキー)とも呼ばれる彼らの主な仕事は、ラジオ番組を進行することです。しかし、その内容は単に番組を進行するだけではありません。

まず、ラジオパーソナリティは音楽、ニュース、天気予報などの一連の番組コンテンツを紹介します。そしてリスナーとのコミュニケーションを通じて、番組の雰囲気を作り出します。これらのテーマや内容は一部パーソナリティ自身が企画・構成する場合もあれば、番組スタッフと共同で決定する場合もあります。

また、リスナーからの手紙やメッセージを読むのも重要な仕事の一つです。これによってパーソナリティはリスナーと直接的、または間接的にコミュニケーションを取り、番組の共感性や参加感を高めます。

インタビューもラジオパーソナリティの仕事の一部です。ゲストが番組に来た場合、パーソナリティが彼らに質問を投げかける役割を果たします。

2. ラジオパーソナリティと声優の違い

ラジオパーソナリティと声優、これら二つの職業は共に音声をベースにした仕事であり、話すことが主な業務内容となります。しかし、それぞれの役割や求められるスキルは大きく異なります。

ラジオパーソナリティはラジオ番組の進行役としてリスナーとのコミュニケーションを重視します。彼らの主な役割は、番組の進行、リスナーからのメッセージの紹介、ゲストとの対話、情報の提供などを通じて、視覚では得られない情報を音声だけで伝えることです。

一方、声優は主にアニメ、ゲーム、映画のキャラクターに人間の声を提供する役割を果たします。そのため、 物語に登場するキャラクターの感情や性格を声だけで表現する能力が求められます。

共通して求められるスキルとしては、明瞭な発音や聞き取りやすい声質がありますが、ラジオパーソナリティはトークスキルやリスナーとの即時のコミュニケーション能力、声優は演技力や感情の表現力など、それぞれ異なる特性と能力が必要とされます。

ラジオパーソナリティに求められるスキル

ラジオパーソナリティは、音声のみで聴き手に情報を届け、楽しんでもらう仕事です。そのため、視覚に頼ることができない分、色々なスキルが求められます。

1. トークテクニック

ラジオパーソナリティの仕事において最重要といえるスキルがトークテクニックです。これは、ラジオパーソナリティがリスナーに情報を正確かつ面白おかしく伝えるための基本スキルとなります。またリスナーとの一方通行ではなく対話形式でのコミュニケーションを楽しむためにも、トークテクニックは欠かせません。

良いトークテクニックを持つラジオパーソナリティは、話すスピードをコントロールすることができます。一方で、速すぎてリスナーがついていけない、または遅すぎて話が進まないトークは、リスナーを飽きさせてしまう可能性があるため注意が必要です。

さらに、トークテクニックには「リスナーを想像する」ことも大切です。放送しているラジオのリスナーは、音声しか聞こえてこないため、パーソナリティの声から情景や感情を想像します。そのため、パーソナリティはトークをするとき、自分がどういう風に伝わっているかを想像し、リスナーに適した形で表現することが求められます。

2. 発声練習

ラジオパーソナリティが放送で使う道具の一つと言えば、彼らから伝わる声です。そのため、伝わりやすく、聞き取りやすい声にするための発声練習が必要になってきます。発声練習をすることで、滑舌を良くしたり、声をより響かせるための力を鍛えたり、さまざまな声の表情を作り出すための技術を学ぶことができます。

また、発声練習だけでなく、表情豊かな話し方をするためには、様々な感情を表現できるようになる必要があります。このためには、「喜怒哀楽」の四大感情を声に出して表現する練習なども有効です。例えば、同じ文章でも「喜び」、「怒り」、「哀しみ」、「楽しみ」といった異なる感情で読み上げることで、感情表現の幅を広げることができます。

なお、発声練習は一度で完ぺきになるものではありません。日々の積み重ねが大切で、スキルを高めていくためには、コツコツとした練習が欠かせません。

3. インタビュースキル

ラジオパーソナリティの業務の中でも重要な役割を果たすのが、インタビューです。ラジオパーソナリティは、様々なゲストと対話し、感情や思考、情報を引き出すための質問を行います。そのため、インタビュースキルは必須となります。

まず、優れたインタビュースキルを身につけるための基本的な要素は、リサーチです。インタビューを行う前に、相手の背景や活動、専門領域について深く理解しておくことが大切です。これにより、正確で具体的な質問が可能となり、深い情報を引き出すことができます。

次に、良い質問を設計することも重要なスキルです。インタビューは一方向的な会話ではなく、相手の意見や感情を引き出すためのツールです。具体的で明確な質問、オープンエンドの質問(yes/no以外の回答を促す質問)、フォローの質問などが効果的です。

そして、真剣に聞くという姿勢も大切です。インタビューアーは、ただ質問を投げかけるだけではなく、相手の回答を真剣に受け取り、理解し、あわせて反応を示すことが求められます。細かいニュアンスを捉え、うまく会話を進めることができれば、インタビューはより深みを増します。

4. リスナーとのコミュニケーション

ラジオパーソナリティとして重要なスキルの一つが、リスナーとのコミュニケーションです。リスナーとのコミュニケーションは重要な仕事の一部であり、つながりを深める上で欠かせません。

ラジオパーソナリティのリスナーとの関わり方は、放送中の会話だけではありません。リクエストやメッセージの応対、リスナーから寄せられる質問への回答など、多岐にわたります。リスナーとの密なコミュニケーションを通じて、気持ちを理解し、それを番組作りに反映させることが大切です。

また、一方通行の放送でなく、リスナーとの対話を通じて、ユーザーエンゲージメント(リスナーの関与度)を高めることが求められます。リスナーからの意見や感想を取り入れ、それを番組内で紹介したり反映させたりすることが大切です。

さらに、リスナーとの相互理解を深めるために、自分自身の人間性や考え方をリスナーに対してオープンに表現することも求められます。リスナーや番組の方向性を理解し、必要に応じて柔軟に対応するスキルも求められます。

5. 話題作りのテクニック

ビジネスや日常生活において、何気ない会話から興味深い話題を作り出し、人々を引きつけることは一挙手一投足が注目されるラジオパーソナリティにとって欠かせないスキルであります。以下では、ラジオパーソナリティが持つべき、話題作りのテクニックについてご紹介します。

① ニュースやトピックのアンテナを張る

新聞やニュース、SNSなどから情報を得て、その中からリスナーが興味を持ちやすい話題をピックアップするためのセンスも必要です。

② 話の展開力

初めて聞いた情報であってもどういう流れで話を広げ、どこを強調するかが重要です。

③ 目の前のリスナーに合わせる

ラジオは一対一のコミュニケーションツールです。リスナーがどんな人で、何に興味があるか考えながら話題を作り、それに沿った話を展開することが求められます。

④ エピソード力

自身の体験談や周囲の人々のエピソードなどから話題を作り出す能力も求められます。

これらのテクニックを活用し、人々を魅了する話題を作り出すことが、ラジオパーソナリティとして成功するための重要なステップとなります。

ラジオパーソナリティになるための練習

ラジオパーソナリティに必要なスキルは多岐に渡りますが、その中でも取り組むべき事柄として以下のような練習があります。

1. トークテクニックの練習方法

トークがうまければリスナーを飽きさせることなく放送を続けることが可能となり、番組自体の評価も向上します。では、そのトークテクニックはどのように練習すれば良いのでしょうか。

① 身近な人との会話練習

トークテクニックを磨くためには、まず身近な人々とのコミュニケーションが欠かせません。家族や友人と会話する中で、笑いを取る表現や自分の意見を説明する方法、聞き上手になるなど基本的な会話力を鍛えましょう。

② 応答能力を鍛える

一方的な話だけでなく、相手の話を頭に入れ、それに対して自分なりの意見や反応を返せる力も大切です。日常会話の中で相手の意見を尊重し、それに対する反応を考える習慣を持つことが重要です。

③ テーマに基づいたトーク

特定のテーマについて語ることも多いため、テーマに基づいたトークも効果的なトレーニング方法です。好きなテーマをピックアップし、そのテーマについて何分間でも話し続けられるように練習してみましょう。

2. 発声練習の方法

ラジオパーソナリティとして成功するためには、豊かな話し声とその声を効果的に使う技術が不可欠です。

① 基本の発声練習

「あいうえお」など、日本語のすべての音節を繰り返して発声する練習を行いましょう。最初はゆっくりと、そして徐々にスピードを上げていきます。これにより発音の明瞭さとスピーチの速度をコントロールする能力が鍛えられます。

② アクセント練習

日本語はイントネーションが非常に重要で、同じ言葉でも発音の仕方により意味が変わるものもあります。様々な文章を読み上げる際に、アクセントや伸ばす音節を意識して読む練習を行い、聞き取りやすい発声を身につけましょう。

③ 音読練習

ニュース記事や著名なスピーチなどを高らかに読み上げる練習を行います。早読み、遅読み、強調する部分を変えるなど、多様な読み方を試しながら、自分の声と言葉に対する理解を深めましょう。

3. インタビュースキルの練習方法

ラジオパーソナリティとして活躍するためには、インタビュースキルは必要不可欠です。実際の場面で臆せずに質問できるようにするには、以下の練習方法が効果的です。

① ロールプレイ

まずは自分がインタビュアーとインタビュイーの立場に分け、ロールプレイを行ってみましょう。友人や家族など、周りの人を巻き込んで具体的なシチュエーションを想定して練習することが有効です。

② リアルなインタビューを聞く

著名なラジオパーソナリティやジャーナリストが行っているインタビューを聞いて、彼らの質問の流れや言葉遣い、表現方法に学ぶことも大切です。その中から自分のスタイルに合いそうなものを見つけ、真似をしてみましょう。

③ 記者会見やプレスリリースを読む

新聞やニュースサイト、企業のプレスリリースなども良いインタビュー素材となります。問いかけられた事に対するプロフェッショナルの見解を知ることで、広い視野と深い理解を得ることができます。

4. コミュニケーション力を上げる練習方法

ラジオパーソナリティは、リスナーとのコミュニケーション能力が極めて重要となります。ここでは、リスナーとの信頼関係を築き、より良い放送を作り出すために必要なコミュ力を高める練習方法を探ります。

① 人前で話す練習をする

ラジオパーソナリティは常にリスナーと対話するので、人前で話すことに慣れていることが大切です。学校や地域のイベントで積極的に発表を行ったり、スピーチの機会を探すことで自然体で話す練習ができます。

② フレンドリーに振る舞う

ラジオパーソナリティに求められるのは親しみやすさです。様々な人と交流し、素直で親しみやすい態度を身につけましょう。

③ アクティブリスニング

ただ聞くだけではなく、相手が言っていることを理解し反応する能力、それがアクティブリスニングです。相手の言葉を咀嚼し、必要に応じて質問や感想を述べることで、より深い意味理解とコミュニケーションが可能になります。

5. 幅広い知識

ラジオパーソナリティとして成功するためには、独自のテーマを提供できる幅広い知識が必要です。そのため、様々なジャンルに関する情報を日々吸収し、リスナーに対して有意義で興味深い話を提供することが大切です。

一般的に、社会、文化、政治、スポーツ、音楽など、多様なトピックを取り扱う機会が多いため、これらのテーマについて基本的な知識を有していることは必須です。そのため、新聞や雑誌を読むこと、ニュースを視聴したり、インターネットで情報を収集したりすることで、様々なテーマについて幅広く学ぶことができます。

さらに、自分の専門分野や趣味について深く学び、それをラジオで共有することも一つの方法です。特定の分野で深い知識を有していると、リスナーからの質問に対しても詳しく回答でき、リスナーとの深い繋がりを築くことができます。

業界のトレンドや最新ニュースに常に敏感であり、自分自身を常にアップデートしていくことで、パーソナリティとしての価値を高めることができます。基本的な知識を身につけ、発信していくことがラジオパーソナリティとしての大切な役割です。

ラジオパーソナリティになるには

ここまではラジオパーソナリティになるためにどのような能力が必要か、そしてどのような練習が効果的かを解説していきましたが、ここからはなるためにはどう行動すればよいかについてお話していきたいと思います。

1. 専門学校や大学に通う

専門学校では、特定分野に深くスキルを磨くことができます。声を使う仕事を専門とした学校では、業界のプロから授業を受けつつ、実際のラジオ制作を学んだり、養成所での研修を経験できます。ここでは、具体的なトークテクニックやインタビューテクニック、発声練習といった実践的なスキルを学ぶことができます。また、専門学校には業界との繋がりも多くあり、就職やインターンシップの機会も豊富です。

一方、大学では幅広い知識を学ぶことが可能です。文学部や社会学部などを選ぶことで、様々な話題を提供できる幅広い知識を身につけることができます。また、大学の放送部やサークル等でラジオの制作を体験することもでき、知識以外のスキルを身につけることも可能です。

2. オーディションを受ける

オーディションは、ラジオ局やプロダクションが主催する新人発掘の場となり、未知の才能を引き上げる役割を果たしています。そこで評価されるのは、声の良さだけではなく、アナウンス能力、創造の豊かさ、状況適応力など多岐に渡ります。

オーディションに合格するためには、上記のスキルを事前に練習し、本番に向けて準備することが大切です。また、自己PRにも力を入れ、自分の魅力やラジオパーソナリティとしてのポテンシャルをアピールしましょう。

ラジオパーソナリティを目指すなら国際映像メディア専門学校!

ラジオパーソナリティを目指すのであればぜひ国際映像メディア専門学校オープンキャンパスに参加をしてみてください。国際映像メディア専門学校は、ラジオパーソナリティに必要なスキルを幅広く学べる学校であるため、目指す道にピッタリの教育内容を提供しています。

授業では現在活躍されているアナウンサーや声優さんから直接学びを得られ、また、インターンシップでは実際のラジオ番組の現場を経験し、プロと同じ環境で技術を鍛えることができます。さらに、業界とつながりの深いこの学校では、卒業後の就職やオーディションのサポートも手厚く行っております。

夢を叶え、ラジオパーソナリティとして活躍するための第一歩として、情熱を持ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか。国際映像メディア専門学校はあなたの夢実現を全力でサポートします。

CATEGORYカテゴリー

入試や学費に関するご相談は
i-MEDIA入学相談室まで
お気軽にお問い合わせください。