Information

高等教育の修学支援新制度
ITビジネス総合学科 ITビジネス総合学科

どんな制度?

2020年4月から国の新制度「高等教育の修学支援新制度」が始まります。
この制度は、基準の年収に満たない世帯の学生に対し、
専門学校・大学等への進学を経済的にしっかりと支援するものです。※1
高校3年生で申請に間に合わなかった人も、進学後、申し込むことが出来ます!

新しい制度の支援の内容

授業料及び入学金の減免(学費の負担を軽減できる)
給付型奨学金の支給(返還が不要)

誰が支援を受けれるの?

より多くの人が支援を受けれるようになります!
支援対象者
世帯収入や資産の要件を満たしていること
住民税非課税世帯及び
それに準ずる世帯

収入が一定金額以下であれば、住民税非課税世帯でなくてもその3分の2または3分の1の支援を受けることができます。

【例えば…】
住民税非課税世帯 → 年収が約270万円未満(第Ⅰ区分)
それに準ずる世帯 → 年収が約270万円~380万円(第Ⅱ区分~第Ⅲ区分)

※年収は、両親・本人・中学生の4人世帯の場合の目安であり、基準を満たす世帯年収は家族構成により異なります。
進学先で学ぶ意欲のある学生

高校等の成績だけで判断せず、レポートなどで学習意欲を評価します。

進学後にしっかりと勉強しなかった
場合には支援が打ち切られます
支援に関するシミュレーション

支援の対象となるか、どれくらいの支援が受けられるか、日本学生支援機構のホームページでシミュレーションすることができます。

日本学生支援機構
進学資金シミュレーター

対象となる学校
  • 専門学校
  • 短期大学
  • 大学
  • 高等専門学校

支援の金額は?


学費等の悩みで進学を諦めていた学生を対象に、入学金と授業料の減免が行われます。


現在の日本学生支援機構「給付型奨学金」も今までよりも充実され、「授業料等減免」との併用も可能になりました。

[学費シミュレーション i-MEDIA声優アクターズ科]
住民税非課税世帯 年収270万円以下の場合


給付型奨学金(返金不要)の残金は、生活費や交通費、寮費、書籍代として使えます!

手続きのスケジュール

高校3年生の夏までに
本人からの申請が必要です!

調べる

5月・6月頃

自分が給付型奨学金の対象となるか、JASSOのサイトなどで調べてみましょう。

https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html

自分が給付型奨学金の対象となるか、JASSOのサイトなどで調べてみましょう。

https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html

申請する

7月頃

「対象かも」と思ったら高校等から関係書類をもらって学校の先生と相談しながら、
インターネットでJASSOに申込み。(予約採用の申請)
高校3年生で申請に間に合わなった人も、進学後、申し込むことが出来ます!

受験生本人と保護者のマイナンバーの提出が必要です。
早めに準備をしておきましょう。

確認する

9月中下旬

対象となる大学等が公表。
自分の進学予定校が対象と認定されたか確認。

決定

12月頃

審査結果の通知がJASSOから高校等に届きます。
(予約採用の採用候補者決定通知)

支援の開始

2020年4月

入学後にJASSOへ進学届を提出。
授業料と入学金の減免の手続きは、進学時に進学先の学校で行ってください。
奨学金の最初の振込みは4月または5月です。


※現在、大学等に在学している方は、秋以降に手続きが始まります。

※1 当ページは2019年7月10日時点で公表されている内容をもとに作成しています。

入試・学費説明会

開催日程

i-MEDIAオープンキャンパス開催日にプログラム内で同時開催いたします。
オープンキャンパスの開催日は下記よりご確認ください。


※また、無料送迎バスが運行している日程もあります。
お気軽にご参加ください。

※申込は、お子様の予約のみで構いません。

場所

国際映像メディア専門学校
〒951-8063 新潟市 中央区 古町通6-976

検索したいキーワードを入力!