ENTRANCE

入学について
よくある質問 面接試験編

Q&A

入試では必須科目(AO入試は免除)となる「面接試験」。
毎年よく聞かれる質問を挙げてみました。

  • あなたはなぜこの学科(学校)を選んだのですか?

    修学意欲と、将来をきちんと考えているか

    入試では必須科目(「AO入試」は免除)となる「面接試験」。毎年よく聞かれる質問を挙げてみましたので、実際に質問された時、スムーズに答えられるよう自分なりの答えを用意しておきましょう。

  • 入学後の抱負・あなたの将来像を聞かせてください

    修学意欲と、将来をきちんと考えているか

    i-MEDIAに入学後、どのような知識を身につけ、学校生活をどんなものにしたいのかなど、目標を聞かせてください。「i-MEDIAで専門知識を身につけ、それを活かして業界で活躍できるように、真剣に勉強したい。」などと答えれば問題ないでしょう。

  • あなたの長所と短所を教えてください

    自分を客観的に見ることができるか

    長所・短所を聞いて、そのまま評価するのではありません。自分という人間を客観的に評価し、いいところはどのように伸ばし、悪いところはどのように改善したいと思っているのかが重要です。自分が悪いと思っているところも、他人から見れば評価が違う場合もあります。格好つけずに、素直に自分を見つめてみましょう。

  • これまでの学校生活で、一番の思い出は何ですか?

    どんな話でもよいが、「どのような姿勢で臨んだのか」が重要

    i-MEDIAに入学後、どのような知識を身につけ、学校生活をどんなものにしたいのかなど、目標を聞かせてください。「i-MEDIAで専門知識を身につけ、それを活かして業界で活躍できるように、真剣に勉強したい。」などと答えれば問題ないでしょう。

よくある質問 受験編

Q&A

毎年、受験生からよく質問される内容を紹介します。
入試準備の参考にしてください。

  • 受験の時の服装は、どんな服装がよいのですか?

    高校生の方は、制服があるのであれば、制服で臨むのが無難です。私服でももちろん問題ありませんが、あまりにもくだけた服装は避けるべきでしょう。スーツをお持ちの方はスーツでも良いのですが、大切なことは、人に不快感を与えない格好という観点です。

  • 試験の直前や最中に気分が悪くなったらどうすればいいですか?

    緊急事態の場合、すぐに係員に申し出てください。我慢して試験に臨むと、そわそわしたり、上手く答えられなくなってしまう可能性があります。試験の評価には全く関係しませんから、遠慮なく、安心して声をかけてください。

  • 面接で質問が聞き取れなかった場合は、聞き返していいのでしょうか?

    「すみません。質問が聞き取れなかったので、もう一度お願いします。」と聞けば問題ありません。ただし、何度も聞き返すと、やる気を疑われる場合もあります。「えっ?何ですか?」と聞き返したり、ボーッとしていて聞き逃したなどということのないようにしましょう。

  • 面接で全く考えていなかった質問をされた時は?

    すぐに答えが出てこない場合は、正直に「分かりません」「考えたことがないので、すぐに答えをまとめられません」などと答えてもいいでしょう。答えられそうな場合は、「その質問については考えたことがありませんでしたが…」などと前置きをし、考えを述べるのもいいでしょう。ただし、黙り込んでしまったり、思いつきで適当な答えを話したり、というのはやめましょう。適当に話しても、面接官にはすぐに見抜かれてしまいます。

  • 試験官は誰がやるのですか?

    基本的に、志望学科の担当教師が面接をします。学校説明会に参加したことがある方は、必ずお話したことがあるはず。初対面ではないので、安心です。ただし、あくまでも面接試験ですので、学校説明会とは違う態度で臨みましょう。

よくある質問 その他

Q&A

みんなの気になるアレコレをご紹介

  • 実際に声優や俳優になれるの?

    誰もが確実になれる保証はありません。だからこそ“誰もがチャンスを持っています!”スタートしなければゴールはありません。一番大事なのは「声優、俳優になる」「好き」という強い気持ちです。
    さらにi-MEDIAは業界と直結する教育プログラムでプロの業界へと導きます。学んだ技術を披露する場もたくさんあります。 そのため養成所の合格率も高いです!
    安心して夢に向かって進んでいきましょう!業界との連携も強く独自のオーディションなども開催しています。プロで活躍している先輩もたくさんいますよ!

  • 人見知りで内気な私でも大丈夫?

    大丈夫です!
    同じ夢を志す仲間が集まるのでキャンパスライフも充実するはず!そして授業やインターンを通して技術を学ぶことで自信を付けることができます。今年入学した1年生も最初は緊張気味でしたが今では大きな声で挨拶をしてくれます。

  • 新潟より東京のほうが充実してるんじゃないの?

    学べる技術、設備、講師、どこを比べても決して劣ることはありません。
    野沢雅子先生(ドラゴンボールZ:孫悟空)、堀内賢雄先生(ワンピース:錦えもん)を始め一流のプロが新潟に来て直接指導を受けることが出来ます! 外部の企業にCM撮影などでスタジオをお貸しすることもたくさんあります! そして好きなことを好きなだけすることが出来ます!
    オーディションも確かに東京と比べると数は少ないかもしれませんが、その一回にかける思いは強くなります。

  • 映像業界就職率100%ってマジ?

    マジです。
    i-MEDIAの学生を雇いたいと言ってくれている企業からの逆オファーもあります。 卒業生が業界の第一線で活躍しているため業界との繋がりも強いです。
    そして何よりテレビ制作に関わる全てを学ぶことで様々な視点で現場を見ることが出来ることができ様々なインターンシップで現場を経験できることが即戦力につながると考えています。 ネットの番組も爆発的に増えて活動の場も増えています。

  • i-MEDIAの特徴は?

    なんといっても現役のプロからの日常的な指導です!あとは年間200回を超える様々な実習で現場を経験!
    そして一番大事なのはなんといっても人間性の教育です。あいさつ、笑顔、元気、謙虚さ、どれも基本的なことですが、その基本が出来ていない人とは仕事をしたいと思いません。多くの授業、実習を通して学んでいきます。
    i-MEDIAの学生は外部からの学生の評価は非常に高いのです!それが就職、デビューに必ずつながります!

  • でもやっぱり不安なんだけど・・・

    いろいろ考える前にまずはやってみよう!スマホなどで色々な情報を集めるもの大事ですが、やってみないとわからない!勇気は一瞬、後悔は一生!
    i-MEDIAのオープンキャンパスで楽しみながら体験しよう!!そして一緒に悩みましょう!「好き」を仕事にしましょう!

  • もしなれなかったときは?

    夢を追い続ける限りi-MEDIAは卒業後も応援をし続けます!内部進学で再度チャレンジすることもできます。卒業後も就職情報やオーディションなどサポートしていきます!
    また途中で進路を変更し一般就職することももちろん可能です!
    i-MEDIAで学ぶことは技術だけでなく人間性も学びます!どの世界に行っても活躍できるはず!

  • 声優、俳優食べていけるの?

    これも難しいのが現状。
    でも食べていけている人もいるもの現状。地道な下積みを経てようやくその道一本でたべれるようになります。
    学校卒業→養成所(2年)→預かり所属(2~3年)→プロで活躍(数年)を得て食べていけるようになるのが一般的です。

  • 学費も心配・・・

    年間100万円を超える学費が発生します。高額ですよね。
    でも奨学金を上手く使って入学している学生はたくさんいます。月々分割で納入することも可能なんです!
    i-MEDIAには学費サポートセンターがあり一人ひとり相談にのり借りるところから返済までのプランを一緒に考えていくことが可能です。
    まずはいくら必要なのかを親御さんを話し合ってみてください。
    奨学金で入学から卒業も可能です!学校卒業後十何年かけてゆっくり返していくものなので心配はいりません。奨学金は未来の自分への投資!

その他にも気になることはLINEでお問い合わせください。

LINEでお問い合わせ

検索したいキーワードを入力!