Blog

i-MEDIA ブログ
2018.2.14 Wednesday

俳優タレント科・声優科 卒業公演終了しました!みんなお疲れ様!! 声優アクターズ科 声優コース

 

みなさんこんにちは♪

2月も半ば、今日はバレンタインデーですね☆

学校では、チョコレートを持っている女子を

多く見かけましたよ(☆е☆)いいなー!

 

最近は雪の影響で電車が動かず

学校に来れなかった学生さんも。

今年、ほんとにひどいですねぇ…

雪は嫌いじゃないですが、

被害がここまで大きくなると

ちょっと悩みどころですよね(´・З・)

 

 

 

さてそんな中ですが!

俳優タレント科・声優科の「卒業制作公演」が

それぞれ終了いたしました~!!!

観に来てくださったみなさま、ありがとうございました!

学生のみなさん、本当にお疲れ様でした!

 

 

俳優タレント科の卒業制作公演

「ドレミの歌 -女子校版-」

 

 

 

 

とにかく笑いが!とまらない!!!

女子校じゃないのに、共学なのに、男子がいない。

それを追い求めたいけど素直じゃない女子高生たちを、

俳優タレント科の学生たちが熱演しました!

 

 

 

演出は、劇団オイスターズの平塚直隆さん。

名古屋から泊りがけでご指導いただきました!!

笑いに厳しくご指導いただいたおかげで、

シュールに絶妙な間のある会話が面白かったです(笑)

 

お話はもちろんですが、

劇中で出てくる合唱にも感動。

「ド」「レ」「ミ」「ファ」「ソ」「ラ」「シ」

それぞれの音を一人ひとりが担当して歌います。

クシコスポストという曲、知っていますか?

そう!運動会とかで流れる、テンポの速いあの曲です!笑

これは圧巻でした…!

相当な練習量だったはず。

まわりと合わせたりとか、努力したんだろうなあ…と

しみじみ、感動しました。

 

 

 

さてつづいて声優科の卒業公演!

 

 

 

「十希星 ~今日のボクらはSay You~」

 

 

今回は、

ボイスドラマ「はじまりの海」

朗読劇「走れメロス」

の二本立てでお送りしました!

 

「はじまりの海」は、

海で出会ったゴールデンレトリバーのケンタロウと

女子高生のアカリの物語。

出会いから始まり、別れ、そして再会。

台詞の言葉の一つ一つが素敵で、大切にしたい作品でした。

 

「走れメロス」は、みなさんご存知の

日本の文豪・太宰治の不朽の名作ですね!

 

今回のステージでは、朗読劇と書きつつも

舞台いっぱいを使っての、一つの演劇かとも思える

パフォーマンスを織り交ぜての発表でした。

 

状況に合わせた声色。

客席を駆け抜けるメロス。

楽器を使っての効果音。

役者全員で作り出す緊張感…。

すべてが相まって、ドキドキする舞台でした。

 

 

 

さて!簡単すぎるほどですが

演技系学科2年生の卒業制作公演は

無事終了しました!

繰り返しになりますが、観劇にお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました!

 

 

学生の2年間の集大成でした。

いままで楽しいことだけじゃなくて、

うまくいかなくて悩んだことも

つらかったこともあったんだろうなと思います。

でもそんなことは感じさせない、

最高の笑顔と真剣な表情がここにありました。

 

高校生のときに夢を持って入学してくれて、

ここまで成長しました。

 

ここで過ごした2年間、

たくさんの笑顔と、涙と、汗と

最高の仲間に出会えたかな^^

 

少なくとも私は、みんなに元気を貰って

目標を追い続ける姿を見てきて

かっこいいなって毎日思ってました!

 

 

これからみんなはそれぞれの道に進むけど

i-MEDIAで学んだことを活かして、

さらに輝いていって欲しいです!

 

 

 

検索したいキーワードを入力!