Employment

就職・デビュー

INTERVIEW「自分の世界が変わる」と思った。

ディレクター:山村 彩美/所属:よしもとスタッフマネジメント

BS-TBS「にっぽん!歴史鑑定」のディレクターとして、番組制作の始めから終わりまで担当しています。様々な歴史番組があるなかで、いかにほかとカブらず面白い番組にできるかを意識しています。ネタ決め・取材・撮影・編集と関わるなかで、取材先の想いと番組側の意図を擦り合わせて、関わってくれた方が喜んでくれる番組ができたときはうれしいですね。とは言ってもいつも放送まではドキドキです。睡眠不足やクレーム対応もありますが、大変さより楽しい方が勝っています。自分がつくったものが形になってテレビで流れる度に、喜びと責任を感じます。この仕事は丁寧さが人に伝わる仕事。取材先やお世話になった方へは手紙を書くなど、細かな心配りも大切にしています。これからは、もっと幅広く知識や技術を身につけ、仕事の幅を広げていきたいです。チャンスがあれば、映画も撮ってみたいですね。

原点に帰りたい時はi-MEDIAに行きます

ハタオ先生に出会ったときのインパクトで「自分の世界が変わる」と思い、i-MEDIAに入学を決意。そこから映像の世界に入っていきました。在学中、ダメ出しされる度に仲間と試行錯誤してきたことで成長できました。タオ先生は初心に返りたいときに会いたい人。全部見透かされているからこそ、素直になれます。今でも原点に帰りたいときにはi-MEDIAに行きます。

プロから怒られた分だけ成長できた

在学中はプロの現場でのインターンも経験しました。学生でも関係なく怒られましたが、納得できることばかり。怒られた分だけ成長できました。当時は現場についていくことで精一杯でしたが、終わった後は充実感で一杯。多くの人が関わり、同じ目標に向かうことが本当にカッコイイなと思いました。今の自分はまだまだ未熟ですが、“伝わる”映像がつくれるように、映像表現を広げていきたいです。

PROFILE

山村 彩美/所属:よしもとスタッフマネジメント

長岡向陵高校を卒業後、映画プロデュース科へ入学。
在学中のインターンシップ活動を意欲的に行い、技術と知識を身につけ、よしもとスタッフマネジメントへ入社。
現在はディレクターとして活躍中。

検索したいキーワードを入力!