Employment

就職・デビュー

INTERVIEW「自分が求められている」と感じられるようになってきた。

声優:玉木 雅士/所属:アクセント

声優として、海外ドラマの吹替え、アニメのアテレコなどを主にやっています。役が大きくなるにつれ「自分が求められてる」と感じられるようになってきました。その分、プレッシャーや責任感も増しています。大切にしていることは役に入り込むこと。役を深く理解してから発声することで、演技として期待に応えられます。ただ「うまくやろう」と思っていても、いい演技はできません。この思いは、i-MEDIAで鈴木先生にご指導いただき仲間と切磋琢磨したこと、そして東京で一流のプロに触れたことで確立していきました。「演じる」ことへの想いは強く持っています。将来的には声優の枠にとらわれず、舞台や映像にも幅広く挑戦していきたいです。

『逆転裁判』で感じた、一流であること

『逆転裁判』で共演した、主人公・成歩堂龍一役の梶裕貴さんはすべてが一流。声優は「芸能人」だと実感しました。有名になるほど「見られる」存在になり、考え方、言動、ファッションもすべてを一流に近づけないといけません。ベテランの先輩に対して「なぜこんなに凄いのだろう」と感じるのも、きっと“人間力”。「すべてを一流に」と自己プロデュースに対する考え方が変わったのは、大きな変化でした。

人のがんばりが悔しくて、負けたくないと、自分も練習に没頭しました

在学中は、役者という夢に生活のすべてを注ぎました。授業後もトレーニングを重ね、休日でも舞台や美術館に行き、すべてが演技の糧になりました。周囲には「ここまでやるか」と思うほどストイックな先輩や、ぐんぐん実力を伸ばすライバルの存在も。人のがんばりを見て、負けたくないと、自分も練習に没頭しました。チャンスや刺激を与えてくれる環境があったからこそ、今の自分があると思っています。

PROFILE

玉木 雅士/所属:アクセント

新潟江南高校を卒業後、声優科へ入学。在学中に一人芝居など意欲的に活動。
卒業後は映像テクノアカデミアで学び、アクセントに所属。現在は外画の主演などを多くこなし、活躍中。

出演実績

「逆転裁判」/「白雪姫と鏡の女王」/「モンスターズ・ユニバーシティ」/「アンチヴァイラル」/「馬医」/「NCIS~ネイビー犯罪捜査範~」/「ゲーム・オブ・スローンズ」/「三銃士」など多数。

検索したいキーワードを入力!