Employment

就職・デビュー

INTERVIEWいろいろな人との出会いから成長を感じる。

映画美術・ヘアメイク:田辺 杏子/ハビッツ

この業界に入って本当にいろいろな人に出会えています。普段だったら絶対に会わないだろうという人たちばかり。照明監督や映画監督、さらにはスリランカなど異国の人まで。このような人たちと一緒に仕事をして作品をつくり上げていく、そのことを魅力的に感じます。ヘアメイクとして、スムーズに撮影が進むよう、常にまわりを見て状況を把握しています。監督のイメージや考えていることに合わせていけたらと思います。振り返ると、i-MEDIA時代にヘアメイク以外の経験ができたことが今につながっています。現場に一人で飛び込むことは当時はすごく怖かったし、緊張したけど「どうにかするしかない!」と動き回っていました。そのお陰で肝がかなり据わったと思います。仕事をやり遂げた後は言葉に表せないくらいの達成感があります。素晴らしい仕事だと思います。

PROFILE

田辺 杏子/ハビッツ

新潟県立阿賀野高校を卒業後、2010年に映画プロデュース科へ入学。
映画業界におけるヘアメイクを目指し、(株)ハビッツに就職。入社1年目にして映画「カンダック・セーマ」でヘアメイクを担当。
現在は活躍の幅を広げるべく、働きながら美容師免許を取得中。

検索したいキーワードを入力!