Blog

i-MEDIA ブログ
2017.11.13 Monday

昨年のこの時期に(11月)入学を決めました!~在校生インタビュー~ 映画プロデュース科

映画プロデュース科1年

佐藤可南子(福島県会津学鳳高校出身)

 

  • i-MEDIA入学した理由は?

大学受験の失敗がきっかけで、もともと興味のあった映画分野の進学を検討しました。

親の薦めもあり、とりあえずi-MEDIAオープンキャンパスに参加。

映画プロデュース科の梨本先生が印象的で、これまで出会った大人とは違うカンジでした。

私の話を聞いて「分からない事が分かったから一歩前進だね」と。

これまでは”分からないこと=恥ずかしいこと”という私の考え方に

新たらしいアドバイスをもらえて嬉しかったことを覚えています。

 

 

  • 入学後、授業や実習などの状況は?

入学して半年が経ち、様々なことが学べて、少しは手ごたえを感じていました。

映画「アケサキ」のインターンシップで美術部を担当しました。

初めて映画制作の現場を体験。

もっと自主的に行動することや、周りのスタッフとの連携など、

まだまだ不足しているなぁと感じる面もありました。

映画にもちょっと出演し、俳優もいいなと思いました(笑)

 

  • 今後の目標について

まだまだ映像制作の基礎を覚えることが大切。

撮影・照明・音響・美術など一つ一つしっかりと技術知識を身につけたい。

将来はもちろん、映像業界で活躍したいです!

検索したいキーワードを入力!