Blog

i-MEDIA生の底力☆ 就職内定者インタビュー
就職内定者インタビュー

Interview

熊木 凌太郎 Ryotarou Kumaki

テレビ制作科 (久比岐高校出身)

職 種:AD(アシスタントディレクター)

内定先:有限会社オースリー

東京にある、民放テレビ各局の報道・情報番組にディレクター、アシスタントディレクターを送り出す会社

Q

内定先を志望した理由、内定が決まったときの気持ちは?

熊木

内定先は、「ZIP!」や「めざましテレビ」、「ひるおび!」などのテレビ番組に制作スタッフを送り出しているスタッフ登録会社です。自分が日常観ているメジャーな情報番組でまずはアシスタントディレクターとして関わりたいと思い志望しました。

Q

内定獲得できた理由は?

熊木

授業で学んだことを、インターンシップで実践し、自信をつけてきました。それを素直に、飾らず話せたことが、内定獲得につながったと思います。

Q

i-MEDIAで学んだことをどのように活かしていきますか?

熊木

インターンシップは、いろんな現場に可能な限り行かせてもらいました。11月に公開された映画「ミュージアム」、来春3月公開予定の「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全国制覇しちゃったホントの話」に美術スタッフとして参加しました。出演者、他のスタッフへの気配りや、自ら考えて行動する力を現場で養うことができたので、それを活かして今度はプロとしてテレビ番組づくりをしていきたいです。

熊木 凌太郎さんが学んだ
テレビ制作科 はこちらから!

学科を見る

検索したいキーワードを入力!